あるすか星(あるすかせい)

潜在意識や引き寄せの法則を知っていても、人生には辛い事や大変な事、逆境と思えるような事も起きます。

辛い時や逆境の時に、励みになる潜在意識の本があります。

潜在意識や引き寄せの法則を実践しても辛い事が起きたりする

潜在意識や引き寄せの法則を知っていても、人生には時には、辛い事や大変な事、逆境と思えるような事も起きます。

引き寄せの法則を実践して、いい事ばかり起きるわけでもありません。

普通に嫌な事も起きたりします。

誰かに妬みの気持ちを持って、マイナスのスパイラルに入る事もあります。

早く気が付いたり、嫌な気持ちや悪い状態から抜け出すのには個人差もあります。

自分はすごいとか勘違いをしたことで、ダークサイドに落ちる事もあります。

ダークサイド、闇の世界を知って、そこから這い上がってきた人が本当の強さや弱さを知っている人かと思います。

私も色んな事を体験してきましたが、嫌な事や辛い事でも無駄はありません。


辛い時や逆境の時に潜在意識とうまく付き合う方法

⇒潜在意識の達人に学んだ秘伝の夢トレを願望実現に活用する方法という記事を書きましたが、夢トレという方法を、石井裕之さんという方に教わりました。

石井裕之さんは、今は引退されていますが、心理セラピストで潜在意識のスペシャリストでした。

本も数冊出ています。

石井裕之さんの本は、辛い時に優しく力強く励みになる本です。

どう潜在意識を活用すればいいか、潜在意識の性質について知っておいた方がいい、大事な点が書かれてあります。

私たちの中には、自分で自覚している、いつもの自分=意識と
もう一人の自分=潜在意識がいる

もう一人の自分=潜在意識と上手く付き合うことさえできれば、人生は今よりもずっと豊かに、思い通りにパワフルになる

潜在意識を使えれば、人生はもっとよくなりますが、その使い方がよくわからずに「難民」になっている人達もいます。

潜在意識の基本は実にシンプルです。


目標や願望は叶うものだと決めつける

701式なるやなるという方法にも、通じる考え方があります。

その目標や夢に、あなたの心の視点を固定させてください。

つまり、「その夢や目標は実現できるものだと、決めつけてください」ということです。
遠慮は要りません。
目標や夢を信じるのに、 誰の許可も必要ありません。

時間ができたらジムに通うではなく、
ジムに通うと先に視点を決めて、それに合わせて時間を作るような感じです。

自分の願いは叶うと決めるのではなく、決めつけるぐらいの強さがいいですね。

・素敵な恋人ができる

・いい仕事が見つかる

・収入が上がる

・外見も理想の自分になる

・理想の人と結婚している

など、願いは叶うと今決めつてしまいましょう。

〇〇になるという方法がありますが、言い方を変えると、もう願いは叶うと決めつける、だから今もう実現しているという事になります。

潜在意識から見た人を褒める効果

あなたが誰かを褒めることは、潜在意識の観点から見れば、あなたがあなた自身を褒めたことと同じ意味になる

人を徹底的に褒めることで、 自分に自信をつけることができるという自己暗示テクニックとして応用できる。

人を褒めてハッピーな気持ちにさせてあげることが大切なのは誰でも知っていることですが、潜在意識にとってはそれがまさに自分自身を褒めているのと同じ効果がある。

誰かのことを褒めながら、あなたの潜在意識には、
あなたはすごい=私はすごい

人を褒めることで、自分も幸せになれるということは、 確かにノウハウとしては別段、新しいことでも何でもありません。

ですが、 その裏側にある潜在意識の法則を知った上であれば、言い古された教えにも、 より真剣に取り組むことができると思うのです。

昔から言われているような教えの中には、潜在意識の法則が隠されています

潜在意識から見た失敗や挫折の意味

失敗や挫折もまた、あなたの潜在意識にとっての再構築の機会なのです。

人生における様々な挫折や絶望は、 潜在意識が意図的にあなたに引き寄せるものなのです。

いつもの自分=意識を完膚なきまでに叩きのめし、完全にシャットダウンしてしまおうという試みこそが、人生のあの挫折なのです。

そうすることで、もうひとりの自分=潜在意識が、新しい大きな成長に向けて再構築に専念できるようにするためです。

成長するためには、 その前に必ず崩壊が必要だ。

潜在意識への繰り返しの必要性

繰り返しのリズムを持っているものなら、 どんなものでも無条件に潜在意識に入り込めてしまう

繰り返しのリズムが成立すると、良くも悪くもアファメーションが構築されてしまう

学んだことを、もうひとりの自分=潜在意識にまで浸透させるには、何度も繰り返し読んだり聞いたりすることによって、 繰り返しのリズムを形成し、それによって潜在意識にいわば共鳴させることが必要なのです

潜在意識や引き寄せの法則を知って実践していても、時に、状況が悪くなる場合もあります。

私もなった事がありますが、落ちていく人達も多いです。

その時は焦らずに、一度立ち止まり、自分を見つめ直したり、潜在意識の基本に立ち返ってみて下さい。

必ずまた、闇から抜け出して、明るい世界に戻ってこれます。