あるすか星(あるすかせい)

今日は久しぶりにおすすめ本の紹介です。

絶版になっていて、アマゾンの価格が7000円~1万円となっています。

夢、かないます 願望が必ず実現する成功法則 無能 唱元

今日は久しぶりにおすすめ本の紹介です。

絶版になっていて、アマゾンの価格が7000円~1万円となっています。

それが、無能 唱元さんの「夢、かないます 願望が必ず実現する成功法則」

無能唱元さんの本はどれも絶版になっていて高額になっています。

私はこの「夢、かないます 願望が必ず実現する成功法則」は二冊持っていいたのですが、一冊はヤフオクで売ってしまいました。

この本の大事だなと思う箇所をご紹介します。

万物を出現させる潜在意識の一種、アラヤ識とは

私たちは、形のあるものを変化させて別のかたちあるものを作り上げ、成果があったとか成功したとか思いがちです。

ところが、 万物を出現させるのは、私たちの心の底のもう一つの心、いわゆる潜在意識の一種である「アラヤ識」なのです。

潜在意識の一種と言ったのは、アラヤ識は、単なる潜在意識を超えた万能的パワーを持っているからです。

このアラヤというのサンスクリット語で、「ラヤ」というのは物をしまっておく倉のことです。

「ア」と いう字が上について、 貯蔵しておくという意味になります。

「識」というのは意識ですから、物をしまっておく意識、つまり記憶の貯蔵庫みたいなものです。


アラヤ識は万能パワーを持っていると言いましたが、同時に欠陥機会でもあります。

というのは、 人間が望んだものを作り出す反面、望まぬもの、生じては困ることへの恐れも実現させる機能を持っているからです。

プラスの感情もマイナスの感情も潜在意識、アラヤ式に貯まっていく

「あなたがかつてあなたについて考えたこと、それがとりもなおさず、現在のあなた自身である」と、昔の哲学者は言いました。

あなたが考えることは様々であって、その大半は「プラス」と「マイナス」の2種類に分類できます。

そして、プラス=肯定的な考え方には肯定的な感情が伴い、マイナス=否定的な考え方には否定的な感情が伴っています。

日常の些細なことに対しても、 私たちはこの相反する感情のどちらかを抱いているのです。

ただ、プラス、マイナスそれぞれのパーセンテージの問題なのです。

アラヤ識は、プラスはプラス、マイナスはマイナスとして記憶し、貯蔵してしまいます。

だから、 私たちは気づかずに倉をマイナスでいっぱいにしてしまい、ある日突然、マイナスの結果に見まわれるということもあるのです。

努力しているのに夢が叶わないのは、努力しているときには、肯定的な感情を持ちにくいからです。

知らずに否定的なものをアラヤ識に溜め込んでいって、願いを押しつぶしているのです。

逆に、 肯定的なものを倉に溜め込んでいて、そこに願いを種として巻けば、願いが叶うということになります

最近なんだか調子が悪いなという時は、嫌な出来事を思い出して、 嫌な気持ちが続いていたりすることがあります。

アラヤ識に、いいものを入れればいいものが叶う、悪いものを入れれば悪いものが叶う。

日常中でつい不平や不満愚痴を言ったり、 マイナスに捉えたりして、ネガティブな感情を持ちがちです。

でも、これがアラヤ式に入り、現実を創り出すと思うと、気を付けようと思いますね。

普段から、 出来事や物事を肯定的に捉えて、肯定的な気持ちになるのが大事だということがわかります。


不運なアラヤ識を変えて、良い未来の種をアラヤ識に入れる

私たちは日常、 金持ちになりたいと思っているし、異性にモテたいと思っているし、健康でありたいと思っています。

それがどうもうまくいかない。

なぜうまくいかないか。私たちは先祖伝来のアラヤ識を受け継いでいる。

生まれた直後の親の教育や環境から得たアラヤ識も混入している。

成長して自分で生活するようになってから、自分でアラヤ識に入れたものもある。

それらが全部一緒になって原因となり、現在その結果が花開いているわけで、先に居座っている陰に多分に影響されるのです。

だから、先住のアラヤ識を塗り替えるように、 新たなプラスの種をせっせと巻いていかなければ夢は叶わないのです。

新たな因縁というのは、 意識して作り出されるのです。



考えてみると、この世の中には、 頭が良くても不運な人はいくらでもいます。

それは、アラヤ識の中にいいものが蓄えられていないからです。

いいものを蓄えるには、最初に種をまかなければなりません。

冗談ではなく、 歌を歌っているくらいの軽いノリで願いを繰り返すことが大切なのです。

何が何でもがむしゃらに行うのは、 土を足で踏んで固めて芽が出るのを拒んでいることになります。

つまり、実った後のイメージを思い浮かべ、じわっとした温かい感情につつまれるまで、柔らかく暗示をかけ続けるのがいいのです。

多くの人はアラヤ識に種をまく方法についても知らないし、逆に無意識のうちに悪い種をまいているということにも気づいていません。

この本には、アラヤ式に良い種をまくいろんな方法が書かれてあります。

これまでの悪い人生や悪い流れを変えて、本気で良い人生に変えたい人は、是非読んでみる事をお勧めします。