こんにちは、ある星です。^^

今日は、願望実現のヒントや、現状を打ち破るヒントになるおすすめの映画を紹介します。

カリスマ性がある人と凡人タイプに分けた時、私は凡人タイプですが、
「私は凡人タイプだな」と思う人に、特に参考になる内容かと思います。

東京リベンジャー2の映画の運命編と決戦編

先日、東京リベンジャー2の映画の、運命編と決戦編の2つをDVDで見ました。

映画館でやったのは、運命編と続きの決戦編と間が空いていたのですが、 DVDで連続で観た方が良いと思いました。

ヤンキーものだと殴り合うシーンが多く、中身がないような映画もありますが。

ただのヤンキー物語ではなく、色々な教訓が得られる話です。




私は 漫画も読んでますが、 原作ファンも納得の内容かと思います。

主人公が過去に戻れるタイムリープ要素と、ヤンキー物語 を掛け合わせた話になります。

『東京卍リベンジャーズ』(とうきょうリベンジャーズ、Tokyo卍Revengers)は、和久井健による日本の漫画。『週刊少年マガジン』(講談社)にて、2017年13号から2022年51号まで連載された。
2021年からは卍が消えた『東京リベンジャーズ』のタイトルでテレビアニメ化・実写映画化・舞台化ミュージカル化が行われている。

不良だった主人公がタイムリープの能力に目覚め、中学時代へタイムスリップした事を機に、かつての恋人が殺害される運命を変えるべく元凶となる暴走族チームで成り上がる姿を描いたサスペンス作品[1]。ヤンキー漫画の要素に加えてSF漫画やアクション漫画の要素が合わさった作風が特徴。




有名な映画、バックトゥザフューチャーは過去や未来に行ったりしますが。

東京リベンジャーズは、主人公の元恋人が現在で殺されて、 元恋人を助けるために、運命を変えるために主人公が何度も過去に行きます。

元恋人を助けるために、運命を変えるために、主人公がヤンキーの世界で戦っていきます。


実写化された映画は、主役級の役者さんが勢揃いしてる事でも、話題になったのではないでしょうか。

漫画の世界が、そのままリアルに飛び出したような感じの世界観で、役者さんも背景も、本当にかっこいいなと思いました。


特に2から出演された3人、

永山絢斗さん、 高杉真宙さん、村上虹郎さんが最高にかっこよかったです。

東京 卍会(略してトウマン)というチームが話の主になるわけですが、そのトウマンが結成された時の神社で話してるシーンがすごい素敵な感じだったり、 永山さんの役の馬地と高杉さん役の千冬の出会いのシーンとか、すごくよかったです。

映画の一番のメインは、決戦編の馬地(永山さん)のシーンですが。

東京リベンジャーズ2の映画は、「馬地役の永山さんが主役」と言っても過言ではない、ストーリーになっています。(※個人的な感想です。)



漫画だと話が長すぎて、少しわかりずらい所も、実写化の映画になった事で、「そういう事だったのか」と意味が分かる事もあります。

漫画を読んで、ある程度ストーリーを把握してから映画を観た方が楽しめます。

漫画を読まなくても、映画だけ観ても話は分かると思います。


東京リベンジャーズ2を観ての感想と気づき

ヤンキーの世界でも、最初から喧嘩が強い、マイキーやドラケンのようなカリスマタイプがいます。

北村匠海さん演じる主人公の花垣武道は、喧嘩は弱いけど 気持ちの強さがあり、周りの人をどんどん 巻き込んでいく、そういうタイプです。

凡人なんだけど、強さを感じる。

諦めない気持ちが強いから、どんどん精神的に強くなっていきます。

「運命を絶対変えてやる」「 俺が絶対に助ける」
という強い気持ちや信念で、何度も 過去に戻って運命を変えようと動きます。

あきらめない気持ち、何度も立ち上がり、何度も挑戦するのは、願望実現に必要な要素ですよね。


失敗はただの経験、改善してやり直す事ができる


自己啓発を学ぶと、「失敗は失敗じゃない、 ただの経験」「失敗は成功のもと」 など聞くかと思います。

何かをやって失敗しても、 改善したり修正して、やり直す事ができます。

今時点の自分達は、漫画やドラマのように過去に戻ってやり直すことはできないですが。

失敗したことは、改善したり修正して 再チャレンジをすればいくらでもやり直すことができます。


初めて自転車乗る時、 いきなり最初から自転車 乗れる人はいません。

車の運転も、最初からできる人はいませんよね。

何度も失敗をして、何度も修正をして、何度も挑戦して、練習したりするから乗れるようになります。


初めての仕事を覚える時もそうですよね。

1回でうまくいく事というのは少なく、失敗もする、でも修正して改善して、また挑戦すればできるようになっていきます。

自分達はこれまでの人生の中で「失敗をして、改善をして再挑戦をしてできるようになった」という事をいくつか体験しています。

でも、恋愛の願望を1回でうまくいきたい、 1回の婚活で成功させたいとか、 副業始めた時に1回でうまくいきたいとか、
できれば失敗はしたくない、 スムーズにうまくいきたいと望みがちです。^^;


「自転車や車の運転を覚えた時、何度も失敗したからできるようになった」

それと同様に、失敗は当たり前だと思っていれば、 失敗への恐れも減り、恋愛や復縁や仕事や副業だって何度も挑戦できるようになります。

失敗やミスは当たり前、改善してまた挑戦すればいいと思うと、気持ちが少し軽くなりませんか?^^

ブログだって、初めて書いていきなり上手に書けたりしません。

何でもそうですよね。


最後にあらためて東京リベンジャーズ2の感想


私は東京リベンジャーズを見て、主人公の花垣武道のように、「あきらめない気持ち」さえあれば、何度でも挑戦できるし、やり直す事ができるなと思いました。

目標に向かってうまくいかない事が続けば、疲れてしまったり、気持ちが折れることもあります。

でも、疲れた気持ちを癒して、エネルギーをチャージしたりすれば、また目標に向かっていくことができます。

東京リベンジャーズ1でも2でも、主人公の武道が決意をするシーンがあります。

決意する、決断した時に、その人の意識も態度も変わるし、その人の取り巻く世界も変わっていきます。

カリスマ性がなくても、凡人タイプでも、今の自分ができることをやり続けることで、人に与える影響も変わっていきます。



タイムリープや不良の喧嘩シーンなどを再現するこの実写化 の映画を撮るにあたって、 監督始めスタッフ、 役者さん達の覚悟もあったかと思います 。

役者さん達の演技は本当に素晴らしくて、 それぞれのキャラクターがその人に本当に乗り移ってるかのように、その役を演じていました。

決戦編の 永山さん演じる 馬地のシーンで思わず泣いてしまいました。

永山さんの演技が本当に素晴らしくて、永山さんのファンになりました。

ヤンキー漫画の映画で泣けるというのはあまりないかと思います。

ぜひ、続きの映画3もやってほしいです。

東京リベンジャーズの漫画ファンの人はもちろん、そうじゃない人もおすすめの映画です。

「映画でも観ようかな」と気分の時、選択してみて下さい。^^

参考になったら、幸いです。


PS,

「実現した未来からは、今現在や過去が見えている」という観点もありますが。

これについては、また別の機会に書きたいと思います。



個人セッションでは、カウンセリングで話すような人間関係や仕事、恋愛、様々な悩み相談があったり、引き寄せについての相談などを聞いています。

その人の状況や引き寄せでどんな取り組みをしているかなどをお聞きして、その人に合ったアドバイスをさせて頂いています。^^

お話をしたい、アドバイスが欲しいという人はご連絡ください。








【ある星の公式LINE】
限定プレゼントやお知らせなどしています。お気軽にご登録下さい。

引き寄せの法則、潜在意識の法則、RASが整理して理解できる動画を希望される人は
第一章  というキーワードだけ送ってくれると、自動返信で配布してます。
ご活用下さい。
友だち追加