あるすか星(あるすかせい)

今日は少し過去の話を書きたいと思います。

無職で引きこもりの時期

昔、 無職で引きこもりの時期がありました。

無職で引きこもりの時間も、「自分探しの時期だったな」と思います。

以前から、本はよく読んでいましたが、その時期に「神との対話」や斎藤一人さんの本を読みました。


斎藤一人さんとは、スリムドカンの銀座まるかんの創立者で、長者番付で有名な方で本もたくさん出されています。

自己啓発の本が好きな人で、読んでる人は多いかもしれませんね。

ユーチューブでも、斎藤一人さんの音声がたくさん上がっています。

本はとても読みやすく、感慨を受けました。

斎藤一人さんの本の教えを実践した


当時の自分は、引きこもりで時間があったので、 一人さんの本に書かれてあった事を実践しました。

「幸せなお金持ちの言う事だからやってみよう」と思いました。

・赤い服を着る

・ついてるを1日100回~1000回言う

・やってやれないことはないやらずにできるはずはない、と言う

・〇〇できました、ありがとうございますと先に感謝する

・人を褒める

・笑顔

など。


成功したければ成功者の波動をあびる


斎藤一人さんの本に、いろんな教えがある中で、

「成功したければ、成功者の波動を浴びるといい」とありました。


「ついてる」「やってやれない事はない」と、前向きな言葉を言っているうちに、積極的になり、外に出るようになりました。

引きこもりは、エネルギーが内側に向いてるだけです。

人の脳は、シンプルな言葉を好みます。

シンプルで言いやすい言葉を繰り返す事で、潜在意識にも入り、行動も変わるようになります。



「成功者に会いに行こう、それなら斎藤一人さんに会いたい」、と思いました。

家の近くに、銀座まるかんの特約店を見つけて、そこに入ってみました。

その店の店長さんは、気さくな人でした。

それがきっかけで、銀座まるかんのパーティーにも何度か参加をしました。

成功者、斎藤一人さんと直接会う機会があった


銀座まるかんのパーティーに参加した時に、斎藤一人さんにお会いする事ができました。

直接会えた時は、嬉しかったです。😊

今までは本の著者と思っていた人が、自分の中で、「急に実際する人物」になりました。

芸能人と会った時も、「あ、オーラが違う」と感じますが。

「これが一人さんか、やはりオーラが違うな」と感じました。

斎藤一人さんやお弟子さん社長さん達も、そういう芸能人オーラ、成功者がまとうオーラを放っていました。

斎藤一人さんは、本などでは一切顔を出しをしていないらしいですが、パーティーなどでは握手をしたり、特約店やファンの方と一緒に写真などを撮っているようでした。

パーティーや講演会に参加をし、何度か、一人さんにお会いしました。

握手をしてもらい一緒に写真を撮ってもらいました。ミーハーですね。

その時に、斎藤一人さんと一緒に撮った写真です。

顔出しされてないのでお顔は隠します。雰囲気だけでも。

右のシルバーのネックレスをつけてるのが、一人さんです。

(その時のイベントで上下黒い服が必須で、私服ではありません笑)

本で読んできた内容も、講演会で直接話を聞いた時、本と生の講演では入ってくる情報量が全然違うなと思いました。

これがきっかけで、本を読んで「この人の教えはいいな」と思った人には、講演会やセミナーに参加をして、どんどん会いに行くようになりました。

その流れで、カウンセリングの勉強を始めたのですが、これはまた別の機会に書きたいと思います。

人と自分を肯定する魔法の言葉


カウンセリングやコーチングをやっている、コミュニケーション学んでる人にとっては基本かもしれませんが。

一人さんがわかりやすく、相手を肯定する言葉を伝えています。

それは、、

人の話を聞く時、まずは「そうだよね、わかるよ」と言う。相手の話をいったん肯定する。

「そうだよね、わかるよ」とまずは言う。

簡単だけど、できない人が実に多いです。

反論や自分の主張をする人もいます。その気もちもわかります。


「そうでしたね。わかります」「そうだよね、わかるよ」が言えるようになるだけで、「この人はちゃんと話を聞いてくれる」と思ってもらえるようになります。

「そうだよね、わかります」と、相手の話を一度受け止める。

相談業の人、学校の先生や教える立場の人、部活、サークル、コミィニテイリーダーに限らず、「相手の話を肯定する」は、どんな人にも必要ですね。

相手の話を肯定しないで、「私はこう思う」ばかり言う人は、恋愛でも苦労することになりますよ。

自分を肯定できると自愛にもなる

自分に対しても、「そうだよね、わかるよ」と言う。

自分も人間だし、失敗する事もあるよね。わかるよ。

人である限り色んな感情がでるよね、そうだよね、わかるよと。

自分に対して、「そうだよね。わかるよ」と言っていると、自分のどんな感情も認める事ができ、自愛にもなります。

イラつく事もある、悲しく思う事もある、そうだよね、わかるよと、自分に対して言えるといいですね。

気が付かない人達は遠くから見てるだけにする

相手の話を聞かないで、自分を守る事だけ考え、自分の主張ばかりする人もいます。

明らかに自分が間違ってるのに、間違いを認められない、そこ謝れないという人もいますが、実に器が小さく、そういう所に気が付かないと成長はないです。

自分の間違いに気が付かない人もいますが、そういう人達に対しては、「この人もいつか気が付きますように」と、遠くから黙って見てるのがいいと思います。


たまに、自己啓発のセミナーや、サークルなどで内輪で褒め合っている人達ていますが、それは外部から見た時、すごく気持ち悪いし恥ずかしいです。

世界は広いです。すごい人はたくさんいるし、色々な人達がいます。

コミュニティ内だけじゃなく、外の世界を見た方がいいです。

おごり高ぶる事なく、学びは続けていきたいなと思います。



斎藤一人さんの【 そうだよね わかるよの話 】変な人の書いたツイてる話・PARTⅡ 約10分