あるすか星(あるすかせい)

久しぶりに、すごく良い本に出会いました。

少し前の本ですが、紙の本の方は絶版になっています。

イメージ力が強化される本、あなたの潜在能力を100%引き出すたったひとつの方法

久しぶりに、すごく良い本に出会いました。

生田智久氏の「あなたの潜在能力を100%引き出すたったひとつの方法」という本です。

思考は現実化する、イメージした事は叶う、自分の出している波動に合うものを引き寄せる、などの本はたくさんありますが、

「どうすればイメージ力が上がるのか?」「どうすればイメージができるようになるか」

について書かれた本は、あまりなかったように思います。


私は、 NLP( 神経言語プログラム)という心理学を学んできました。

NLP でも、イメージング・ビジュアライゼーションの有効性について語られます。

当事者意識(アソシエイト)、観察者意識(デソシエイト)のイメージの違い、

見る、聞く、触るなど、感覚を感じながらイメージするなど、この辺位です。


NLPや劇団の演技レッスンで学んだビジュアライゼーションの秘訣をこの記事で書いています。

⇒潜在意識活用法イメージング・ビジュアライゼーションがうまくできる秘訣



引き寄せの法則では、嬉しいとか楽しいなどの感情が引き寄せの作用点になるので、イメージはぼんやりでも「 感情」が大事と言われます。

嬉しいとか楽しいという気持ち・感情が引き寄せるので、実際そこまで鮮明なイメージが大事ではないです。

それを踏まえて話を進めていきます。


アファメーションは、言葉に出すだけだから誰でもできます。

瞑想も、慣れれば誰でもできます。

イメージングは、イメージ自体がぼんやりだったり、うまく感情を感じることができなかったりしたりすると、そこでやめてしまったりします。

「あなたの潜在能力を100%引き出すたったひとつの方法」というは、イメージ力をアップさせることに特化しています。

イメージング・ビジュアライゼーションは誰でもでできるようになる

あなたの潜在能力を100%引き出すたったひとつの方法より

「イメージ」への誤解

よくありがちな成功哲学で、「イメージすれば夢は叶う」という言葉を信じ、ただ漠然とイメージしている人が多いのです。

本当に才能を開いている人は、 この頭の中で見ている「イメージ」が全く違う次元のものなのです。

しかし、 それを他人が見ることはできません。

その結果、 多くの人はイメージしたつもりになっているだけで、それは本質的でパワフルな本当の「 イメージ」ではないのです。

イメージ力は頭の中の視力とも言えます。

例えば、 肉眼の視力では、「視力0.1」の人もいれば、「視力2.0」の人もいます。

これをイメージ力に置き換えると、才能を開いている人は「イメージ力10.0」といってもいいほどの、強烈なイメージを描くことができるのです。

筋肉は誰にでもあって、それを鍛えることができます。

筋肉と同じで、イメージ力は誰でも備わっているので、高めたり強めたりできます。

イメージング力・ビジュアライゼーションが上達する方法

あなたの潜在能力を100%引き出すたったひとつの方法の本の中で、

■イメージ力の基礎を作り、

■イメージ力を応用して、目的ごとに才能を開かせる方法が詳細に書かれてあります。

イメージ力基本10パターン

1、写真イメージ力

図や写真などを頭の中に、 イメージとして焼き付ける力


2、イメージ投影力

頭の中のイメージを紙の上に投影する力


3、黒板イメージ力

頭の中に黒バーをイメージし、 そこに文字や数式を書くことができる力


4、イメージ対話力

頭の中で、特定の人物と対話できる力


5、イメージ戦略力

目的達成のための戦略、対策、リスクなどを頭の中でイメージできる力、戦略思考力

6、物語イメージ力

頭の中で、物語が夢を見ているかのように自動的に進行する力


7、イメージ発想力

条件指定をし、その範囲内のイメージを自由に生み出すことができる力


8、身体イメージ投影力

頭の中のイメージを、体に投影し、イメージと身体操作を連動させることができる力


9、イメージ体感力

頭の中のイメージを、 細部まで目の前に投影し、触れる感覚を作る力


10、ビジュアライゼーション体験力

頭の中のイメージを、目の前に投影し、その世界を自由自在に疑似体験できる力

イメージ力基本10パターンをやるだけで、かなりイメージ力が強化されるのを感じます。

1の写真イメージ力は、

まず、下の図を見て、すべての輪郭を焼き付けます。

次に、目を閉じて白紙の上に、今見た図をイメージで再現させます。



やってみると意外と簡単にできます。

他には、黒板に字が書かれているのを見て、目を閉じて再現させたり、頭の中で二人の自分を対話させたり、面白いイメージ力アップ方法があります。

夢を活用する方法なども、私がやってきた方法と似ていますが、非常に有効です。

基本の10パターンを毎日、もしくは時々でもやることで、イメージ力は強化されて、鮮明なイメージを描けるようになります。

仕事や作業をする前に、軽くイメージするだけで、仕事の効率もかなり上がったりします。

ここまで具体的に、イメージング、ビジュアライゼーション、イメージ力を上げる事に書かれている本はなかったです。


紙の本の方は絶版になっているようです。

電子書籍ではなく、紙の本がいい人は、Amazonで高額になる前に早めに買った方がいいですよ。^^



引き寄せアドバイザー岡野真さんの「なる式」についての商材、
「わずか4ステップ!理想のあなたになる方法」が当サイトから売れています。

⇒わずか4ステップ!理想のあなたになる方法の詳しい感想やレビューはこちら