引き寄せの法則とは、引き寄せの本質は心の状態

何度かブログの記事でも書いていますが、引き寄せの法則の本質は、心の状態です。

心の状態が良いと、良い現実を引き寄せます。

心の状態が悪いと、悪い現実を引き寄せます。



気持ちが荒んでいたり怒りでいっぱいの時、いいものは引き寄せずらいです。

起こっていると、怒りの波動を出していて、また怒るような現実を引き寄せる。

喜んでいると、喜びの波動を出していて、また嬉しくなる現実を引き寄せる。

自分の出している波動と同調する現実を引き寄せる=波動の法則=引き寄せの法則です。

「どんな状態でも叶う」というのであれば、これだけ多くの引き寄せに関する本は出ないし、「引き寄せられないという難民の人」も出てこないです。

自分の出している波動、周波数と同じものを引き寄せますが、言い換えると「心の状態」と同質のものを引き寄せます。

周波数(しゅうはすう、英:frequency)とは、工学、特に電気工学・電波工学や音響工学などにおいて、波動や振動が、単位時間当たりに繰り返される回数のことである。



心の状態を良くするには感謝が一番効果的


心の状態を良くするには、感謝するのが一番効果的です。

「感謝ノート」をつけている人も、多いかと思います。

朝起きた時や夜に、1日10個感謝できる事を書きだす「感謝ノート」もすごくいいですよね。

感謝ノートは、在るものを改めて再確認して、感謝の気持ちが育ちます。



 あるすか星(あるすかせい)


私も起きた時に、小さいノートに「今在るもの」「感謝できる事」を10個書きだします。

その後、今日どんな風に過ごしたいかを書いています。

感謝ノートをつけなくても、目の前にある「ドライヤーありがとう」「ストーブありがとう」と、言ってみるのもおすすめです。

「ドライヤがーがあるから髪乾かせる」「ストーブあるから暖かく過ごせるな」と感謝の気持ちとともに、豊かさにも気が付いていきます。

小さい事にも感謝していくと、心の豊かさが育っていきます。

お金だけが豊かさではない


お金だけが豊かさではなく、周りにたくさんの物があるのも豊かさですよね。

感謝する事が、在るものに気が付き、内面の豊かさが育っていきます。

豊かさとは心の状態、内面の状態です。

心が豊かになると、また豊かさを引き寄せます。


豊かさ意識の事を、福を呼ぶ意識と表現していて、福を呼ぶ意識を育てる本を紹介している記事です。
>>お金はいくらでもあると潜在意識を豊かさ意識・富や福を呼ぶ意識に変える