あるすか星(あるすかせい)

サウナがある温泉に行ってきました。

サウナと水風呂に繰り返し入り、温泉に入り、露天風呂に入り、豊かな気持ちになりました。

潜在意識のメソッドを実践、恨みや妬み、怒りは手放した方がいい

引き寄せの法則や潜在意識のメソッドを実践していると、うまく引き寄せられる時と、うまくいかない時があります。

引き寄せの法則を知る前でも、人生の中でいい時期と悪い時期は、誰もが経験があるかと思います。




私にも経験がありますが、人を恨んだり妬んだりしている時、心や潜在意識の状態がどんどん悪くなります。

その結果、どんどん状況が悪くなったりもします。

恨み、妬み、怒りなどを持っていると、それが心の奥、潜在意識にあるので、また「人を恨みたくなるような現象」「怒りたくなるような出来事」を引き寄せます。


人への恨みを持ちながら、イメージや瞑想、アファメーション、感謝ノート、いい事日記などをやっても、一時期的にはいい気分になったりもしますが、悪循環に入りやすいです。

「引き寄せの法則の効果がなくなってきた」

「最近、調子が悪い」

という時は、誰かの事を恨んだり、妬んでいないか、怒りの気持ちがないか、自分の心を観てみる事をおすすめします。

引き寄せの法則や潜在意識抜きで考えても、

人への恨みや妬みを抱えている時と、人を祝福できる時の気持ちでは全然違いますよね。


豊かさ意識について書かれているジョン・キーオ氏の「マインド・パワー」という本

豊かな意識が、人やお金などを引き寄せたりします。

その事を、とてもわかりやすく、詳細に書かれている本がありました。

ジョン・キーオ氏の「マインド・パワー」という本です。

あまり有名な本ではないですが、ザ・シークレットやエイブラハムとの対話、マーフィー、他にこのサイトで紹介してきた本よりも、バランスが取れている内容で、とてもお勧めの本です。

潜在意識について、イメージやアファメーションについて、感情について、自分を承認する事についてなど、他の引き寄せ本と同じような感じですが、文の中には「はっ」とさせられるヒントになる箇所がたくさんあります。


豊かさ意識の事を、福を呼ぶ意識と表現されていて、とてもいい内容があります。

福を呼ぶ意識

一人前の経済力を持ちたいと願うなら、「福を呼ぶ意識」を育てなければならない。

「福を呼ぶ意識とは、成功やそのチャンスをあらゆるところに期待し、探し、見つけ出すことに波長を合わせ、振動している心の状態なのである。

これと正反対なのが、「貧を呼ぶ意識」で、これならほとんど誰もが知っている。

「貧を呼ぶ儀式」は、いつでも不足や限界を期待して見つけようとしているから、あらゆるところでそれらを見つけ出す。

いわば貧困、苦労へと確実に案内してくれる道路標識のようなものなのだ。

「貧を呼ぶ意識」を持ったまま、 経済的成功を手に入れる人はいないだろう。

いるはずがない。

裕福への道と貧乏への道は方向が正反対で、両方の道を同時に歩むことはできないからだ。

二つの道はそれほどハッキリ分かれている。

だから、どっちの道を選ぼうと、選んだその時にあなたの辿り着く先は決まってしまう。

貧を呼ぶ意識を持っていることが分かったら、やるべきことははっきりしている。

その重たい足枷を取り払って、あなたに必要な「福を呼ぶ意識」を育っていればいいのだ。

貧を呼ぶ意識、つまり貧しい意識を持ったまま、成功することはできないとのことです。その通りですよね。

でも、自分が貧を呼ぶ意識を持っているのに気が付いたら、福を呼ぶ意識(豊かさ意識)を育てればいいだけです。

潜在意識に豊かな意識、福を呼ぶ意識を育てる方法

「どうやって、福を呼ぶ意識を育てればいいか?」

その方法も、このマインドパワーという本にかなり詳しく書かれてあります。

福を呼ぶ信念その1-宇宙は限りなく豊かである

福を呼ぶ意識が信じているのは、宇宙は限りなく豊かなところで、それに目を開きさえすれば、誰のためにもあらゆるものがふんだんに用意されているということだ。

大自然を見るといい。気前が良く、 贅沢で、無駄なくらい豊かだ。星の数を数えてみよう。
とても数えきれるものではない。今まで数えた人もいないし、これからだっていないだろう。
何千億とあるのだから。道に咲いた花を見よう。美しい草原が見渡す限り広がっているだろう。

どこに目を向けても、そこには限りない豊かさがある。


それと同じように実業界や財界にも、あなたが目をこらすなら、チャンスはどこにでも広がっているのだ。

貧しさのある場所はただ一つ、私たちの意識の中だけなのだ。

貧を呼ぶ意識はこんなことを言う。 みんなに行き渡るほど沢山あるわけがない。私がたくさん取れば、他の人の文がなくなる。

僕が昇進すれば、 誰かがそのポストを失う。

貧を呼ぶ意識はこう信じている。

一つのものをみんなが奪い合っている。もうチャンスなんかない。 お金がない。

何もかも高すぎる。あなたがこんな信念を持っていないかどうか、よく考えてみよう。

もし持っているなら、 それは「貧を呼ぶ意識」があなたの心に忍びこんだ印なのだから。

どこを見ても豊かさがあり、何を見てもお金稼ぐチャンスがある、それが福を呼ぶ意識との事です。

日々の意識や訓練で、福を呼ぶ意識は創れていくかと思います。

潜在意識には、お金もチャンスも豊かさもいくらでもある

ジョン・キーオ自身も、お金がなかった時に、周りの豊かさだけに心を集中させて、現象として豊かさを手に入れたそうです。

その体験談も書かれてあり、非常に興味深いです。

私が初めて福を呼ぶプログラムを心に組み込んだときのことを話ししよう。

私は森の奥の粗末な小屋で、電気も水道もない暮らしをしていた。

全くの無一文だったけれど、福を呼ぶ原理をつかみ、ある時心のプログラムを組み換え始めた。

薪を割るときは、 周りに薪がふんだんにあることに感謝した。

薪を積み上げながら、「一本でも二本でもない、有り余るほどの薪が私を暖めてくれる」と呟いた。

食事のたびに、たくさんの食べ物を与えてくれる宇宙と自分自身とをたたえた。

目の前の皿にぶどうが持ってあれば、その一粒でもふたつぶでもない、有り余るほどのぶどうを一粒ずつ数えあげた。

森の中を歩けば、まわり中に豊かさが見えた。

草原には幾千もの花が咲き乱れ、いたるところに木々が茂り、おびただしい鳥や動物が生きている。

自然は実にめぐみ深かった。金は一文もなかったが、私の心は豊かさだけをじっと見つめた。

そうやって豊かさに心を集中させておけば、その豊かさが時期に現実となって姿を現すということがわかっていたからだ。

~中略~

あなたも福を目指し、心のプログラムの組み替えを今すぐ始めよう。



生きていると、人生には色々な事が起きます。

楽しい、嬉しい事だけじゃなく、人との別れや仕事を失ったり、ピンチや逆境と思う状況になる事もあります。

私も、何度か辛い事や大変な事を経験をしてきました。

何もないと思う時でも、目をこらすと周りにはたくさんの豊かさがあります。

チャンスもあったりします。

何もできないと思う時でも、何かできる事があったりします。

素晴らしい本に出会い、人生を立て直すきっかけになる事もあります。

自分達の意識や心には、現実を変えていく力があります。

今、辛い大変な状況にいる方でも、どうか人生をあらめないで下さいね。

今度こそあなたは変われる。夢を叶える引き寄せRevolution

潜在意識の法則、引き寄せの法則を知っているし、実践しているという人でも、否定的な言葉が口癖になっている間違いをやってしまっていたりします。

せっかくいいイメージをしたり、いい言葉でアファメーションの時間を取っても、

残りの23時間を否定的な言葉を使って、 否定的な思考にしていたら、そっちが潜在意識に入ってそれが現実化すると思ってみてください。


アファも大事だけど、普段使う口癖も同じ様に大事だし、否定的な事を言わないように気をつける。

こんな気付きを与えてくれたのは、こちらの教材です。

アファメーションやアファメーション以外の時間をどう過ごすか、その重要性だったり。

どんなアファメーションをどんな風にすればいいか、詳しく書かれてあります。

書店の引き寄せの法則の本を読んでうまくいかなかった人でも、自分の間違っていた事などに気が付き、正しい引き寄せの法則の活用方法を知る事ができます。

今度こそ、あなたは望む自分に変われますよ。^^


⇒ 今度こそあなたは変われる。夢を叶える引き寄せRevolution感想レビュー